2016.10.05 Wednesday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2016.02.29 Monday

    グラッパセミナーとか試飲会とか

    0
      maruです、こんにちは。
      今日で2月も終わりますね。
      パシフィック洋行としてはイベントもそんなに数もなく比較的静かな2月でした。

      そして3月からは怒涛のイベントラッシュです。
      各営業より、地域ごとの試飲会の案内が届くと思います。

      パシフィック洋行のみの試飲会はまずは直近に3/3(木)のグラッパセミナーですね。
      https://www.facebook.com/events/1694871927393929/

      グラッパとのマリアージュがテーマで興味を惹かれる方が多かったのかすぐに30名満席になりました。
      来れない方も多かったので、なるべくスタッフがしっかりとセミナーレポートをまとめようと思います。
      樽熟成はチョコで合わせるなどはなんとなく想像がつきますがそれ以外はどうでしょう?
      楽しみです。レポートはブログに記載しますのでもうしばらくお待ちください。

      maru
      2014.08.26 Tuesday

      グッチョーネ

      0
        新グッチョーネが入荷しました。

        ちょっと試飲の際に苦戦したことを一つ・・・。

        まずは新しいボトルです。



        上のような感じでキャップシールの部分が蝋で固まっています。

        この手の蝋タイプは開けるときに破片が飛び散って困る、なんて話は良く聞きます。

        実際に僕も、あるやり方をするまでボロボロとこぼして苦労しました。

        ボロボロにならないやり方は至ってシンプルです。



        まず、普通のワインと違いキャップシール(蝋)を剥がす前にスクリューを刺してしまいます。



        そしてそのまま抜くと比較的きれいに抜けます。



        ダブルアクションタイプのソムリエナイフで開けましたが

        引っかけた部分が少し削られていますね。

        そこをナイフ部分で縦に切ります。



        切ってびっくり、パカっと開きます!

        少し手順を変えるだけで蝋もきれいに開きますね。



        細かいゴミも出辛いですが念の為、注ぎ口あたりは軽くトーションで拭けばオッケーですね。

        グッチョーネはかなり蝋が多いので是非、このやり方を活用してみてください。
        2014.07.07 Monday

        新ワイン 「イティネラ・プロセッコ」グラスキャンペーン

        0
          イティネラより新しくプロセッコが登場!!

          MGM社(Mondo del Vino)ならではの品質が安定した、高品質・低価格のプロセッコです。



          ITYNERA PROSECCO Treviso Doc Brut NV
          イティネラ プロセッコ トレヴィーゾ Doc ブリュット

          品種:グレラ100% 産地:ヴェネト州 トレヴィーゾ
          コメント:輝きのある麦わら色、繊細で持続性のある泡、華やかな花の香り、果実味も豊かなプロセッコ。
          アペリティフに最適で、魚介のサラダやポレンタ、パスタと相性抜群です!!

          夏に向けてのおすすめのプロセッコです。
          現在、「フィリペッティ・プロセッコ」が主力で安旨の泡として主力になっておりますが
          同価格帯というハイコストパフォーマンスを実現!!

          期間限定で「グラスキャンペーン」も実施しております。
          詳細は担当営業までお問い合わせください。



          グラスは「イタレッセ社」の赤・白兼用グラスです。
          高さ:210mm 直径60mmとややおおぶりなタイプです。

          是非一度、お試しください!
          2011.04.06 Wednesday

          リチャード・ギア夫妻のお気に入りワインは INAMA VIN SOAVE !

          0


            アメリカのWALL STREET JOURNAL にて、

            リチャード・ギア夫妻のお気に入りワインとして、
            INAMA VIN SOAVE Soave Classico  が選ばれました


                                         Matthew Hranek for The Wall Street Journal


            リチャード・ギア氏は、
            「樽のきいたシャルドネが好き」 なのですが、

            キャリー・ロウエル夫人は 
            「爽やかでドライな白が好き」 とのこと。

            こんなお二人がよく飲まれるのが、SOAVE。
            数多くあるSOAVEの造り手の中でも、INAMA がお気に入りとのこと!

            INAMA VIN SOAVE Soave Classico DOC 2009



            There are a handful of top Soave producers in the Veneto region of Italy and Inama is one of them. This is one of Ms. Lowell and Mr. Gere's favorite Soaves and one of mine, too. It's a fairly full-bodied wine with a bit of a minerally finish that's absurdly well-made for the price.

            http://online.wsj.com/article/SB10001424052748704559904576230542366921116.html?mod=djemonwine_t



            「ロウエル夫人とギア氏、お気に入りのソアヴェ。

            ほどよくしっかりとしたボディとアフターにミネラルを感じます。

            手頃な価格からは考えられないほど、高いクオリティー!」


            ぜひ、みなさまも、リチャード・ギア夫妻同様に、
            VIN SOAVEをお気に入りのデイリーワインに!



            : eriko maeda

            2010.08.17 Tuesday

            ワイナート様 第58号に掲載!

            0

              8月5日に発売された、Winert ワイナート様 第58号に、
              弊社のワインが載っています

              美術出版社 ワイナート様  HP → http://www.bijutsu.co.jp/winart/



              以前、このブログでも書かせていただきました!

              http://pywine.jugem.jp/?eid=188

              その取材の記事が載っています

              「バイヤーのためのクロスコメント」というコラムで、
              ヴィーノデッラパーチェ ソムリエ 内藤様と、ワインライター塚本様の対談記事です



              2時間近くの対談が、しっかりポイントを抑えまとまっていて、
              とても読みやすくも、読み応えのあるページです


              内藤様と塚本様のテイスティングコメントはとても勉強になりますし、
              マリアージュは、おうちで作れるおつまみや居酒屋メニューがたくさん
              なかなか思いつかない、面白いアイディアが満載です

              ぜひぜひご覧になってください


              今回は、夏に飲みたい地場品種6種を取り上げています。
              まだまだ暑い日が続きます
              きっと、弊社の夏向きワインが飲みたくなるはず〜〜〜


              :eriko maeda
              2009.04.10 Friday

              コンティ・ディ・ブスカレート来日!

              0
                すっかり春の陽気を通り過ぎて、初夏のような暖かさが続きますねおてんき
                こんにちは!斎藤です。

                先日、マルケの生産者「コンティ・ディ・ブスカレート」の
                エクスポートマネージャー、クラウディオ・ルコーニ氏が来日しましたるんるん

                ilcalice
                イタリアワイン・食材専門店のイルカリーチェさんにて。


                彼らコンティ・ディ・ブスカレートは、
                マルケ州の古来の伝統品種である「ラクリマ・ネーラ」を栽培しています。
                「ラクリマ・ネーラ」は、モッロ・ダルバの小さな地区を囲む丘陵地で栽培される
                独特な黒ブドウの品種です。
                ブドウの皮が非常に薄いため、完熟すると果汁が果皮の表面に染み出し、
                ブドウが泣いているように見えることから、ラクリマ(=涙)と呼ばれてきました。

                ブドウの香りは、バラのようなスミレのような、華やかな香りが特徴的ですワイングラス

                Crima Marche Rosso
                華やかなバラの香りが広がり、ソフトな味わいの
                「Crima Marche Rosso IGT 2007」



                Compagnia della Rosa
                しっかりとした骨格と果実味の凝縮感、
                樽熟成からのバニラの柔らかい味わいもある、
                「Compagnia della Rosa Lacrima di Morro d'Alba DOC 2003」



                今回は、代官山のイータリーで、
                レストランのお客様や、一般のお客様も交えた、試飲会を開催しました。
                その中でも、評判がよかったのは、

                AMMAZZACONTE
                「Ammazzaconte Verdicchio dei Castelli di Jesi DOC」
                でした!
                こちらのワインは、完熟してから手摘みでブドウを収穫し、
                熟成にも一部木樽を使っているため、完熟した果実やバニラの香りがあり、
                また酸味とミネラル感がふくよかな、非常に厚みのあるパワフルな白ワインです。



                クラウディオ氏は、日本で生活していたこともあり、
                とっても日本語もぺラぺラでした。←非常に心強かったです男
                また、そんな彼はワイナリーのホームページの内容も担当しており、
                テクニカルシートなど、日本語でも閲覧できるようになっています。
                もしよかったら、ぜひ覗いてみてくださいね楽しい

                ホームページ→「Conti di Buscareto」



                2009.02.24 Tuesday

                パシフィック洋行試飲会!

                0
                  先週は新宿のトラットリア・ブリッコラさんのレストランを貸し切って、
                  我がワイン部の試飲会を行いましたワイングラス

                  今回の試飲会は、パシフィック洋行の新着・売れ筋ワインのお披露目でした。
                  11月に入ったロンバルディアのオリヴィーニや、
                  シャトー・ドルシュヴィールなど。
                  弊社のお勧めするフランス・イタリアワインをレストランや酒販店関係者様に
                  知っていただく良い機会になったと思っています。

                  2日間連日で行いましたが、両日とも大盛況で、
                  本当にたくさんの関係者様にお足を運んでいただき、
                  ワイン部一同うれしい限りの試飲会となりました。

                  試飲会アンケートでの人気アイテムは、
                  シチリアのグッチョーネという作り手が大人気でしたるんるん

                  グッチョーネはもともとはブドウ造りの農家で、ワインを造り始めたのは、
                  現在のオーナーであるグッチョーネ兄弟の父が遺産として畑を受け継いだ
                  2000年からです。
                  畑は15年前から有機栽培が行われてましたが、
                  3年前にビオディナミ農法へ転換されました。
                  グッチョーネ兄弟の弟フランチェスコ氏の友人である
                  「ビオディナミの伝道師」ともよばれるフランス・ロワールのニコラ・ジョリー氏の
                  哲学からの影響も大きく受けています。

                  ワインの味わいは、果実味の凝縮感があり、
                  標高500mの畑から摂れるブドウからはミネラル感もあり、
                  とても個性あるおもしろ味あるワインたちとなっています。

                  今後もパシフィック洋行のワインをたくさんのお客様に知っていただける機会を
                  どんどん増やしていけたらと思います。

                  また4月には、待望のフランスワインも新入荷いたしますので、乞うご期待楽しい




                  2008.10.29 Wednesday

                  はじめまして!!

                  0
                    はじめまして。

                    10月1日よりワイン部に入社しました斎藤です。

                    まだまだワインの知識はありませんので、ただいま猛勉強中です!

                    それぞれ個性のある先輩に学びながらがんばって行きたいと思いますので、
                    お手柔らかにお願いします!

                    ここでワイン部のメンバーをご紹介したいと思います。

                    土生:さわやか、温厚タイプ、ベテランの営業マン。(といってもまだ若いですよ)
                    阿倍:ワインの知識は誰にも負けない!ワイン通。バリバリの営業マンタイプ。
                    前田:おっとりしているけど、英語もイタリア語も堪能のスーパーウーマン。
                    斎藤:新人。最近はワインを基礎から学ぶためワインスクールに通う日々。

                    若いメンバーでチームワークが良いのが、わがワイン部の一番良いところ!

                    そんなこんなで、がんばっって参りますので、よろしくお願いします!!



                    昨日は、先輩の前田さんと一緒に、わがワイン部の命・ワインの眠っている倉庫へ行ってきました。

                    ちょうど以前発注したワインがイタリアから船に運ばれて、倉庫まで運ばれて荷降ろしされていたところでした!

                    カンテレとビゾル到着

                    ↑こんなにたくさんのワインたちがイタリアからはるばる海を渡って、
                    日本に到着したと思うと、とってもワクワクします!!

                    これから年末にかけて、スパークリングの似合う季節になりましたね。

                    ぜひお祝い事やクリスマスにスパークリングで乾杯なんて言うのも良いかも・・。
                    2008.06.16 Monday

                    サパイオ2005 Decanter World Wine Awards 2008にて 金メダル!

                    0
                      3月にイギリスで、Decanter World Wine Awards 2008が行われ、
                      ポデーレ・サパイオのサパイオ2005がGOLD MEDALを受賞しました!王冠2

                      今年は過去最高の9219のワインがエントリーしました。
                      うちGOLD MEDALを受賞したのは、2.84%(約261本)のみ。
                      イタリアワインでは、17本のワインがGOLD MEDALを受賞していました。

                      期待が高まる、サパイオ2005。
                      7月上旬に日本再入荷です!
                      GOLD MEDALの迫力!?を、ぜひお楽しみに!

                      JUGEMテーマ:グルメ


                      2007.09.21 Friday

                      サパイオ2004 ボルゲリテイスティングで高評価!

                      0
                        ワイン・スペクテ−ターが発行する、インサイダーというワインマガジンのボルゲリ・テイスティングにて、
                        サパイオ2004が、95点王冠2という高得点を獲得しました!

                        サパイオ2004 95点を獲得!!

                        サッシカイヤ(94点)、レ・マッキオーレ(94点)などその他の名高いボルゲリのワインよりも高い評価を得ており、
                        ますますこれからの成長が期待されます。
                        2004、2005年のボルゲリはとても良いヴィンテージとのこと。
                        プレミアムがつく前に、お早めに!!
                        Calendar
                              1
                        2345678
                        9101112131415
                        16171819202122
                        23242526272829
                        30      
                        << April 2017 >>
                        PR
                        Selected Entries
                        Categories
                        Archives
                        Recent Comment
                        Recent Trackback
                        Recommend
                        Links
                        Profile
                        Search this site.
                        Others
                        Mobile
                        qrcode
                        Powered by
                        30days Album
                        無料ブログ作成サービス JUGEM